文楽、そしてちょいと一杯2017/09/14 21:52


久しぶりに、国立劇場へ文楽を観に行ってきました。
午後4時からの夜の部。
演目は、「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」
(清水寺の段)(道春館の段)(神泉苑の段)(廊下の段)(訴訟の段)(祈りの段)(化粧殺生石)。
九尾の狐が跋扈する、ちょっと派手な舞台。
(化粧殺生石)では、早変わりが見もの。
いやいや、面白かったです。
今回は一番前の席をゲットできたし。
観劇のあとは、半蔵門駅の近くでちょいと一杯。
「もっきんばーど」という串焼きのお店。
「ゆでタン」に「タンの味噌漬け」が旨い。
お通しの「大根おろし」山盛りがいいね。


オトナのウルフェス2017/08/10 21:51


池袋サンシャインシティで開催中の「ウルトラマンフェスティバル2017」。
その中の特別イベント、
「ウルトラトークライブ みうらじゅん×山田五郎のオトナのウルフェス」
を観に行ってきました。
本来は撮影禁止ですが、
特別にご両名からお許しが出て、撮影タイムとなりました。
約80分程のトークは、やっぱり子供には聞かせられないかも。
途中、田口監督とキングジョーの登壇もあり。
爆笑トークライブとなりました。

ワテラス夏祭り2017/08/03 21:10

神田淡路町のワテラスで行われている
「ワテラス夏祭り」に行ってきました。
広場内イベントステージ横のお店「WIZ CRAFT BEER and FOOD」のテラス席でクラフトビール「京都醸造 欧州の風」を飲みながら、まったり観劇。
お囃子や御神楽のステージです。
ヤマタノオロチが出てくるお神楽。
迫力満点です。
さらに太神楽の傘回しも。
獅子舞に頭をカミカミしてもらったり・・。
そして津軽三味線の見事な演奏。
今日は涼しかったし、雨も降らず、ビールもうまい。
なかなかに、いいイベントでした。


錦秋文楽2016/11/10 16:48


今日は、久しぶりとなる大阪での文楽観劇。
「錦秋文楽公演」の第1部に行ってきました。
今回の演目は、
「花上野誉碑(はなのうえのほまれのいしぶみ)」
志渡寺の段
「恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)」
城木屋の段/鈴ヶ森の段
「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」
渡し場の段
です。
どの演目も見応えのある、すばらしい公演でした。
第1部の終演後、今回チケットを取ってもらった友人のお計らいで、
人形遣いの吉田玉佳さんに舞台裏を案内して頂きました。
楽屋の入り口には神棚があり、舞台をはらい清める「幕開三番叟(まくあきさんばそう)」の人形がありました。
二代目吉田玉男さんらの楽屋。
こちらは出番待ちの人形さんたち。
「日高川入相花王」に登場したガブも見せてもらいました。
もちろん人形も操作させてもらいましたよ。
人形遣いがはく下駄。
下に草鞋が履かせてあるんですね。
舞台のセットにもあがらせてもらいました。
かなり広い舞台裏。
他にも色々拝見し、貴重な体験をさせてもらいました。

都をどり2016/04/28 14:31


今朝は、ホテルをチェックアウトする前に、祇園甲部歌舞練場へ。
開催中の「都をどり」の当日券をゲットする為、
朝10時に並びました。
そして無事、12時半からの壱等席4200円のチケットをゲット。2階席ですけどね。
ホテルをチェックアウトして、開演時間まで
「イノダコーヒ本店」で朝食。
新緑と珈琲、落ち着くなあ。
お店を出て、一気にタクシーで歌舞練場へ。
賑わってますねえ。
やっぱり外人さんが多いかな。
2階席でも十分観れますね。
芸・舞妓さん達の踊りはキラキラしてステキ。
でもわりとカッチリした踊りで、昨年観た「鴨川をどり」とはまた少し趣が違うように感じました。

南座 顔見世興行2015/12/03 17:46


今回泊った宿は「京都ブライトンホテル」。
朝食は和食処で「朝がゆ」。
朝から美味しいお料理で元気をつけ、
今日は、「四条南座」へ。
「當る申歳 吉例顔見世興行
東西合同大歌舞伎 四代目中村鴈治郎 襲名披露」
昼の部を観劇。
演目は、
「玩辞楼十二曲の内 碁盤太平記 山科閑居の場」
「義経千本桜 吉野山」
「心中天網島 玩辞楼十二曲の内 河庄」
「新古演劇十種の内 土蜘」
です。
桟敷席には、花街総見の芸子・舞妓さん達も。
今日は上七軒からかな。
幕間には、「菱岩」さんからお弁当をデリバリーしちゃいました。
贅沢だ。
美味しかったー。
御祝儀の「竹馬」はここでしか見れないんですよね。
ご贔屓から送られたものがロビーに並んでました。
いっぱいありますねー。
午前10時半から午後4時まで、たっぷり歌舞伎を堪能してきました。
でも襲名口上は夜の部なので観れず。