お寿司~泉鏡花2019/01/04 17:39

さてさて、お昼の場所に困った。
ひがし茶屋街近辺の、めぼしいお店はどこも大行列。
そんな中、橋場の交差点にひっそりと佇む一軒のお寿司屋さんが。
「栄寿し」さん。
午後2時すぎで、まだ暖簾は出ているようだ。
というわけで入店。
閉店間際だったらしいけど、こころよく迎えてくれました。
ご年配のご夫婦で営む、総業60年のお寿司屋さん。
お話し好きのご主人は御年84歳だとか。
奥様もしっかりしてらっしゃいます。
黒猫のくーちゃんは、やたらとからんできます。
握り寿司は1200円とお手頃。
いいネタ揃えてます。
玉子焼きがプリンのようで絶品。さらに追加で注文しちゃいました。
いっぱいおしゃべり出来て、楽しかったです。
また来たくなるアットホームなお店でした。
さて最後に、やっぱり「泉鏡花記念館」には行っとかなくちゃ。
ちょうど企画展「鏡花幻妖アンソロジー」を開催中。
「境界に棲むもの」と題して山本タカトの作品を展示していました。
展示数が少なかったので、ちょっと残念かな。



美術展はしご2018/11/29 20:03


上野・東京国立博物館で開催中の
「マルセル・デュシャンと日本美術」
と、「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の両方を見てきました。
とくに快慶・定慶の仏像を間近で見ることが出来るのは貴重。
「釈迦如来坐像」に「十大弟子立像」、
そして「六観音菩薩像」のすばらしさよ。
今会期は光背を取り外した姿だったのだけれど、
後ろ姿までしっかり拝見できました。
「聖観音菩薩像」は写真撮影OKですと。

幻花幻想幻画譚2018/09/06 15:21


ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で昨日から開催中の
「横尾忠則 幻花幻想幻画譚1974-1975」を見に行ってきました。
1974〜75年に新聞連載された瀬戸内寂聴さんの時代小説「幻花」の挿絵展です。
その原画全371点が展示されていました。
繊細で緻密な挿絵は時間をかけてじっくり見たいところ。
会場内も凝ったレイアウトで、すばらしかったです。


MJ's FES2018/03/01 17:18


川崎市市民ミュージアムで開催中の
「MJ's FES みうらじゅんフェス マイブームの全貌展 SINCE1958」
を観に行ってきました。
ブームごとにそれぞれコーナーが分かれていて、
莫大な量の「ボク宝」が展示してありました。
漫画家ブームやエッセイストブームをはじめ
仏像ブームでのスクラップブックもちゃんとコピーされていて
手に取ってじっくりみることが出来ます。
イラストレーターブームからの・・
ウシブーム。
そして
アウトドア般若心経がすごい。
いやげ物ブームのフィギ和。
うちにもあったなぁ。
「映画秘宝」の連載原画。
カラーで描かれていたとは。
アート作品もちゃんとあったりして。
とにかく見るのに時間がかかります。
ほんとにすごい量だから。一日かけてじっくり楽しみましょう。


宝町あたりで2018/01/18 14:50


今日の昼食は、久しぶりに
宝町にある「レストラン サカキ」へ。
この時期ならではの「カキのバターソテー」を。
ボリューム満点のランチ、美味しくて悶絶。
それから、フィルムセンターで開催中の
「ポスターで見る映画史part3 SF・怪獣映画の世界」展を
見に行ってきました。
懐かしいポスター満載で、見ていない映画はほぼ無いね。
お宝展示は、「スターウォーズEP4」の劇場公開1周年記念に作られたポスター。監督はじめキャストのサインが寄せ書きしてあるんです。
写真撮影可能なのは、この1枚と最初の1画だけだから、
皆さんルール守ってね。


生賴範義展2018/01/11 17:41


待ちに待った
「生賴範義 展 THE ILLUSTRATOR」を
上野の森美術館へ観に行きました。
今回は珍しく写真撮影可能な展示もたくさんありました。
圧巻のブックタワー。
この本も生賴先生の絵だったのかと、あらためて納得。
もちろん映画のポスター類も同様。
小松左京や平井和正の文庫カバー絵もたくさん展示。
カバー絵につられて文庫本を買った思い出が蘇りました。
映画のチラシもたくさん集めたっけ。
「幻魔大戦」のベガ像も展示してありましたね。
ちょっと小さめですが。
大判のオリジナル作品も見応え十分。
展示されていた原画は、ほんの一部だろうから
是非第2弾の開催を望みます。