韓国映画と韓国料理2020/08/27 21:27


キム・ボラ監督の映画「はちどり」を観てきました。
物語の舞台は1994年のソウル。
ここがミソで、1994年の韓国事情がわかっていると、
鑑賞により深みが増すと思います。
2時間以上の長い映画の中に、いろんな要素がいっぱい詰まった
あなどれない映画でした。
さてこの映画、食事シーンが頻繁にでてくるので、
鑑賞後韓国料理を食べに行きたくなっちゃいました。
で、夕飯は有楽町イトシアの韓国料理店「妻家房」へ。
「豚プルコギ鉄板焼き&チヂミセット」を。
ボリューム満点、お腹満足。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amakuma.asablo.jp/blog/2020/08/27/9289669/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。