乳頭温泉郷2012/12/13 20:58

秋田新幹線「こまち」に乗って、かみさんと2人で田沢湖駅までやってきました。
乳頭温泉「鶴の湯」へ、1泊2日の旅行です。
宿へ行く前に、駅からの路線バスで途中下車、田沢湖へ。
しんしんと雪が降る中、
ひとっこひとりいない静けさ。
まわりのお店も、ことごとく閉まっています。
そんな中、かろうじて開店していた「田沢湖共栄パレス」へ。
お店の裏で秋田犬が3匹飼われていました。
が、みんな眠そう。
お昼をここで頂きました。
「比内地鶏親子丼」です。
ごはんと具が別々で、熱々の鍋でぐつぐつやりながら、最後にとき卵を自分で入れて仕上げて頂きます。これが旨いのなんの。

再び路線バスに乗り、「アルパこまくさ」で宿の送迎車に乗り換え、ようやく秘湯の宿に到着。
まさに山奥の秘湯。
で、こちらが、自分らが泊まった離れ。囲炉裏のあるお部屋。
情緒たっぷり。
お部屋にはテレビなんて野暮なものはありません。
ゆえにとても静か。
こちらが混浴露天風呂。真っ白なお湯です。
さすがに明るいうちは、人がいません。
でも暗くなると、ほとんど何も見えないので、女子もみんな平気で入ってますね。
さっそく、「白湯」「黒湯」「露天風呂」とたっぷり温泉に入って、
夕飯です。
囲炉裏で焼いた岩魚。
この焼きたてが、絶品。
そして食べきれないほどの山の幸。
そして地酒。
「山の芋鍋」もまた絶品。
いやいや、ホントに食べ切れませんでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amakuma.asablo.jp/blog/2012/12/13/6660946/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。