片腕マシンガール2008/05/19 23:36

無事、日本での公開も決定し、「ゆうばりファンタ」でも上映された、井口昇監督の「片腕マシンガール」。
ものすごい映画が登場しました。
日本のスタッフ・キャストが、海外資本で製作し、当初、日本国内での上映は未定(無理?)だったものが、この度めでたく解禁。
基本的に、とにかく血がでるスプラッターものですが、最近の妙にリアルな切株映画と違って、思わず笑ってしまうような、明るい血しぶき映画になってます。そんなアホな、というシーンが続出。
外人が好きそうなニッポンネタ、YAKUZA・NINJYA・GEISHA・SUSHI・TEMPURA・OTAKU等のオンパレード。
最高のバカ映画です。
左腕に、マシンガン&チェーンソーを装着する姿は、V3のライダーマンやコブラを彷彿とさせますが、そんなもんじゃない。明らかに腕が無いのを見せちゃうんですから。しかも女子高生だし。
最初っから最後までテンポのよいアクションの連続で、サイコーに面白かったです。
最近の日本映画では見られないような、素晴らしい映画でした。
はやくも今年のベストワン候補です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amakuma.asablo.jp/blog/2008/05/19/3529064/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。