石巻で寿司2008/05/15 13:45

午後9時半にホテルをチェックアウトし、JR仙石線快速に乗って石巻駅に来ました。快速でも仙台からたっぷり1時間以上かかるので、結構遠くまできた感じがします。
お昼をどこで食べようか、下調べをしてきたわりに結構悩んだ末、お寿司を食べに「寶来寿司」というお店に入店。「特上にぎり」2625円を注文。あわび、トロ、くじら、ぼたん海老、うに、しゃこ等々、とっても美味しかったです。大将の話だと、ここらの名物はくじらで、鮮度のいいものが食べられるそうで、ほんとにいい色してました。。水揚げが多いのは穴子だそうで、これは追加で握ってもらいました。やわらかくて美味かったです。しゃこ好きの自分としては、でっかいしゃこに感動しました。大将は、観光客はみんな松島へ行ってしまうので、もっと石巻にも来て欲しいと言ってました。
そういえば、お店にいるのは自分ひとりだし、商店街も観光客らしい姿は見えないし。閑散としてちょっと寂しいですな。
ネタもいいし、大将も感じいいし、当たりのお店でした。

石ノ森萬画館2008/05/15 15:13

仙台というか、石巻に来た理由は、実は「石ノ森萬画館」を観てみたかったからなのです。
今年は、石ノ森章太郎が生まれてちょうど70年になる年。小さい頃から石ノ森作品で育った世代としては、是非訪れておきたい場所だったのだ。
駅から歩いて10分程、川の中瀬にある白い宇宙船のような建物が「石ノ森萬画館」。1階から中に入ると、案内嬢さんがサイボーグ003の衣装でお出迎えしてくれて、ちょっとこっぱずかしくなります(決して萌え~ではない)。入場券800円を買って展示エリアへ。2階の企画展示室では「やなせたかし展」をやっていましたが軽くスルー。いよいよ常設展示室へ。年表から始まって、「トキワ荘」、「サイボーグ009」「仮面ライダー」「キカイダー」「さるとびエッちゃん」「HOTEL」の立体展示が続きます。途中「時代劇コーナー」や「原画コーナー」があり、なかなか楽しめる内容でした。
3階には「図書・映像ライブラリー」があり、時間があったらゆっくり見ていたいところでした。
1階の映像ホールでは、オリジナルアニメ「龍神沼」と「消えた赤ずきんちゃん」を交互に上映しているらしいが、なぜか「消えた~」しか上映されていませんでした。「龍神沼」が見たかったのに・・。
企画展示はもちろん、原画展示も入れ替わるらしいので、また来るとするか。
併設のショップでは、ここでしか手に入らないグッズばかりなので、ファンなら絶対来るべきでしょう。
たっぷり2時間観て回りました。

マンガロード2008/05/15 16:19

石巻駅から萬画館までの道は、マンガロードといって、街中のあちこちに石ノ森キャラのモニュメントや石製のベンチ等が置かれています。またいたる所にイラストが描かれていたりもします。
特にはげしいのは、石巻駅。改札脇にモニュメントが置いてあるのはもちろん、駅舎はもうゴテゴテの装飾です。
そんな駅や商店街を、地元の学生や買物のおばちゃんが、まったく気にせず歩いている風景は、なんか不思議。

みちのく一人旅 終了2008/05/15 22:39

石巻から仙台に戻ってきたのが午後5時半ちかく。
今度は、市営地下鉄に乗って「匂当台公園駅」まで行き、牛たん焼きの店「旨味太助」で早めの夕飯。2日続けて牛たん定食です。
店内では、カウンター席の目の前で牛たんを焼いてくれます。
あっというまに焼きあがって出てきた牛たんは、厚みはそこそこだが大きくて食べ応え十分。焼き具合ばっちりで、すんごく美味しかったです。
店員さんに、昔から使っているという値段の安いアメリカ産のをすすめられましたが、オーストラリア産になると値段も高く、もっと柔らかいそうです。でもアメリカ産で問題なしでした。
食後、ぶらぶらと駅までアーケードを歩いて腹ごなし。
駅近辺でお土産を買い、最後になぜか「さぬきうどん」でシメ。
仙台駅のそばに「さぬき小町うどん」という店を発見。香川直送の麺だとか。メニューは結構豊富で、「冷麺風うどん」なんてのもありました。でも普通に「ぶっかけ冷(中)」390円を食べてみました。ものすごーく冷たいかけ汁に、かなりかための麺でした。そこそこ美味しかったです。よくみたら「すかいらーく」系列のお店でした。
帰りの新幹線は、午後8時26分発の「はやて30号」。自宅には午後11時前には帰ってこれました。